うつ病の治療をして笑顔を取り戻す【気持ちをスッキリ】

カウンセリング

様々な症状が現れる

やる気が出ない、怠くて何もできないという症状はうつ病の可能性が高いです。進行すると自殺願望が出てしまうこともあるので、早めに病院へ行って治療を受けるようにしてください。

気分の落ち込みは注意

男女

気分が優れないとき

いつもと同じ日常生活を過ごしているのに身体が怠いときや気分が優れないということはあるでしょう。一時的な気分の落ち込みなのであれば特に問題視をする必要はありませんが、それが何週間や一ヶ月以上続いてしまったときはうつ病である可能性が非常に高いです。自分ではうつ病でないと考えていても実はうつ病がどんどん進行している可能性があるため注意をしましょう。気分の落ち込みなら一週間以上も続かず数日ですぐに改善して元の状態に戻ることができます。しかしうつ病の場合はちょっとストレス発散をしただけでは収まることはありません。またうつ病になると妄想をすることが多くなり、現実から目をそらしてしまうことも特徴的です。うつ病は自分の力で治せないことが多いため、本格的に改善したいときは専門クリニックへ行って治療を受けるようにしてください。専門クリニックでは主に薬物治療やカウンセリングによる治療が行われていますが、薬物治療を行なうときには注意をしましょう。薬物を服用することで心を落ち着かせることができますが、薬に依存してしまいがちなのでしっかり医師と話し合った上で薬物治療を選択してください。また自分自身でもあまり薬に頼らないという強い意思を持つことが大切です。

何をしても楽しくならない

一時的な抗うつ症状の場合は楽しいことがあれば楽しい気持ちになって切り替えをすることができますが、うつ病の場合は楽しいことがあったとしてもそれを楽しいと思えないことが特徴です。何をしてもやる気がなく怠さがある状態なので周りから理解が得られないことも多いです。そのことから一人だけ孤立してしまい仲の良かった人と距離が遠くなってしまう可能性があります。人間関係にもヒビが入る可能性の高いうつ病は早めに治療をするようにしましょう。普段の生活をしている上で何か気になる症状があればすぐ専門クリニックの医師に相談をしてみてください。インターネットや電話でも悩み相談を受け付けているところがあります。相談自体は無料なので気軽にお問合せをすることができるでしょう。また専門医と相談をするときに、予め相談したいことを自分の中でまとめていれば順序よく話をしていくことができます。相談をするときは緊張してしまう人も多く、なかなか思ったことを伝えられないこともあるのでメモなどでまとめておけば一つも漏らさず聞くことができるでしょう。うつ病の相談はうつ病治療を行なう専門医にすれば、症状に関する治療法の提案やアドバイスをもらうことができるでしょう。もちろんいきなりクリニックへ相談するのに抵抗がある方は相談しやすい知人にまず話をしてみるのが良いです。

聴診器

病気になる原因を調べよう

ストレスの蓄積によって起こるうつ病ですが、早めに治療をしないと引きこもってしまう可能性があります。原因を調べてクリニックで治療をするようにしましょう。カウンセリングで適切な治療を提案してくれます。

悩む男性

症状を放置してはいけない

一人ではうつ病改善することは難しいので、うつ病治療を専門とするクリニックへ行きましょう。また時には友達や家族のサポートがあることでうつ病の完治へ近づくこともできます。

笑顔の女性

セルフチェックで確認

うつ病であると気づいたときはまずセルフチェックをしてうつ病の度合いを調べてみることが大切です。その後は専門クリニックで診察をしてもらいうつ病治療を始めていきましょう。